男性

治療が可能な時代|偏頭痛の辛さから開放される方法とは

頭の片側が痛む時には

薬

まず薬をもらいましょう

時々頭痛がして仕方ないという方、それはひょっとして偏頭痛かもしれません。偏頭痛というのは、頭の片方から目にかけて、ずきずきと痛む頭痛のことです。片側だけでなく両方が痛むこともあり、また、吐き気がすることもあります。応急処置としては、痛む部分をまず冷却シートなどで冷やすようにして、安静にしておきましょう。治療方法としては、主に薬が用いられます。痛みを止めるだけなら市販の鎮痛剤を飲んでもいいのですが、できれば病院に行って偏頭痛と診断された後に、その人の症状に合った薬を処方してもらうのがいいでしょう。また市販薬をしょっちゅう飲んでいると、薬物乱用頭痛といって、逆に頭痛を引き起こすもとになります。そして薬にはもちろん副作用もあり、循環器や肝臓の病気を抱えている人には処方できないものもあります。また、薬を処方してもらっても治らない場合は、他の病気の前兆として頭痛が起きていることもあります。このような場合は、高血圧などの循環器疾患や脳の病気が考えられます。特に吐き気や嘔吐がある場合、視力が落ちるとか、立った時のバランスがとりにくい場合などは脳腫瘍の疑いもありますので、すぐに脳神経科のある病院に行くようにしましょう。

生活の改善も大事です

偏頭痛は薬による治療ももちろん大事ですが、それと併せて、生活習慣を変えるための努力も大事です。そもそもこの偏頭痛の原因としては、ストレスや睡眠の異常、生理によるホルモンバランスの乱れに加えて、気温差や騒音、そして光をまぶしいと感じることによる光刺激なども挙げられます。またアルコールやカフェインの摂りすぎ、喫煙やチーズ、チョコレートなども原因となることがありますので、まず思い当たるものを避けるようにしましょう。ストレスを軽減する、睡眠をきちんと取る、そしてお酒やカフェインを摂りすぎることのないように気を付けたいものです。そして規則正しい生活を心がけ、できればビタミンBやマグネシウムの多い食品やサプリを摂るようにしましょう。薬による治療に加え、規則正しい生活を心がけるだけでも、大分違って来ます。また、ストレッチなどの運動をして、軽く体をほぐすようにするのも効果があります。これは運動によって空腹になるうえに、気分転換にもなるので一石二鳥です。治療というと、とかく薬によるものだけと考えてしまいがちですが、日常生活の改善だけでもかなり効果がありますし、また偏頭痛にかかりにくい体質を作ることもできるのです。

ストレスから起きる不調

頭痛

偏頭痛になっていく原因はいくつもあります。中には常に血管を緊張させるほどイライラとすることが原因になっていることもあります。治療方法として医師が処方する薬を飲み続けること、眠くなれる音楽を聴くこと、カウンセリングを受けることなどが偏頭痛の治療になります。

Read More...

頭痛は治療が可能

頭痛

偏頭痛は、その多くが生活サイクルの乱れや急激な環境の変化が原因で引き起こされます。薬を使用した治療が一般的で、種類は大きく分けて痛みが起きた時に使用する薬と、痛みがない時でも服用することで予防や痛みの軽減を目的とした薬に分けられます。

Read More...

800万人が苦しむ痛み

薬

偏頭痛は非常に多くの患者を悩ませている頭痛のひとつです。適切な治療をせずに放置すると、より深刻な病気へと移行することもあります。偏頭痛の治療には急性期治療と予防療法がありますが、投与された鎮痛剤を乱用するとかえって頭痛を悪化させるため、医師の指示をきちんと守って服用することが大事です。

Read More...

つらい痛みを治すために

薬

偏頭痛を治療するには、偏頭痛専用の治療薬が必要ですから、ペインクリニック等で処方してもらいましょう。また、発生する要因がありますから、要因を知って予防することも大切です。正しい知識も持ち、偏頭痛治療を進めていきましょう。

Read More...