笑顔

治療が可能な時代|偏頭痛の辛さから開放される方法とは

頭痛は治療が可能

頭痛

原因は様々

日本人の多くが頭痛を抱えていると言われており、中でも偏頭痛は日常生活の中で繰り返し痛みが起こるため悩む人が多い症状です。偏頭痛は、頭の片側もしくは両側がズキズキと痛むのが特徴で、痛みが起こると数時間から長ければ数日続くことがあります。前兆がなく痛みだすこともありますが、視覚性の症状や感覚障害、言語障害などが前兆として起こるのも特徴です。痛みが酷くなると吐き気や動くこともままならなくなるため、日常生活に影響を与えます。しかし、痛みを我慢できる程度の偏頭痛もあり、しっかりとした治療を受けずに症状が慢性化する人がいるのも問題となっています。偏頭痛は様々なことが原因となって引き起こされます。原因を特定できないものもありますが、偏頭痛の原因として挙げられるのが、仕事などによる精神的ストレスや睡眠不足、環境の変化や女性であれば月経によるホルモンバランスの変化などによって痛みが引き起こされます。生活サイクルの乱れや急激な環境の変化などによるものが多く、そういったものを避けるように努力することが予防につながります。また、アルコールの過度な摂取やタバコの吸い過ぎなどが原因となることもあるので、健康に気を使い規則正しい生活を心がけることが大切です。

痛みが起こった時には

偏頭痛は日常生活に支障をきたすため、痛みを我慢できたとしても必ず治療することが大切です。偏頭痛の治療には薬を使用するのが一般的です。薬には痛みが起きた時に使用する薬と、痛みがない時でも服用して予防と痛みの軽減に使用される薬があります。痛みが起きた時に使用される薬として偏頭痛に有効とされているのが、スマトリプタンやエレトリプタンなどの種類があるトリプタン系薬剤と呼ばれる薬です。偏頭痛を抱える多くの人がこの薬を使用しています。薬の効果的な使用方法は、痛みが起きてすぐのタイミングで使用することです。痛みが起こり、時間が経ってしまうと薬の効果が薄れます。トリプタン系薬剤は、服用しすぎると副作用を引き起こしたり、他の薬と比べて高価でもあるため、医師とよく相談して治療することが大切です。予防に使われる薬では、プロプラノロールなどの種類があるβ遮断薬と呼ばれる薬や、アミトリプチリンと呼ばれる薬などが使用されます。予防薬は完治させるものではなく、あくまで頭痛の回数を軽減したり、頭痛の起こる時間を短縮したりすることが目的であるため、注意しなくてはなりません。予防薬も服用する人によって効果に違いがあるため、医師とよく相談することが大切です。