笑顔

治療が可能な時代|偏頭痛の辛さから開放される方法とは

つらい痛みを治すために

薬

通常の頭痛と異なります

頭痛にはいくつかの種類があると言われており、偏頭痛はいくつかの点において発熱時等に見られる頭痛とは異なっています。偏頭痛が起こる原因については、三叉神経の周りにある血管が拡張することによって三叉神経を刺激し、激しい痛みを起こすと考えられています。しかし、偏頭痛はまだ解明されていないことが多いのも事実です。偏頭痛には予兆と前兆があり、予兆の主な症状としては、眠気や肩の凝り、そして眉間が重く感じる等の症状があります。また、前兆にはふらつき等の神経症状や片側の手足のしびれ、そして閃輝暗転と呼ばれる現象が起こることもあります。閃光暗転という聞きなれない言葉は、視界の中央部分に見えない部分が現れて、それがギザギザに輝いているように見える現象です。そして、その部分が徐々に大きくなっていくのですが、やがて見えない部分の中央部から回復していき、閃輝暗転は20分も経つと治ってしまうのです。偏頭痛には、通常の頭痛の治療に用いるアスピリン等に代表される解熱鎮痛薬が効きません。ですから、つらい痛みを治すためにペインクリニック等に行って診察を受け、偏頭痛専用の治療薬を処方してもらう必要があります。この治療薬には主に血管の拡張を抑える作用があります。

予防することも大切です

偏頭痛の治療には、治療薬を服用するタイミングが重要だと言われています。ですから、偏頭痛が起き始めたらすぐに服用するようにしましょう。また、偏頭痛は予防することも大切です。偏頭痛を引き起こす要因には、ストレスや混雑した場所への外出、そして天候の急激な変化等があります。特に、ストレスを感じている状態から解放される時に偏頭痛が発生しやすくなると言われています。偏頭痛の発生を促す要因は人それぞれ異なりますが、要因を知ることで、ある程度偏頭痛を予防することができるようになるのです。また偏頭痛は、女性に多く発生する傾向があり、特に生理の前後で発生することが多くなると言われています。ですから、この時期には特に注意が必要となります。最近では、様々な医薬品を海外から個人輸入する人が増えてきました。医薬品の個人輸入は、本人が利用することを目的として許可されていますから、他人への譲渡等はできませんが、海外で製造されたジェネリック医薬品を個人輸入することで、リーズナブルな価格で入手することができるのです。ですから、偏頭痛でお悩みで、なかなか病院に行くことができない方は、治療薬を個人輸入によって入手するという方法もあるのです。